【結論:エージェントは使おう】就職エージェントおすすめの人は〇〇な人

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

本記事では就職エージェントを使うべき人・
使うべきでない人
ついてわかりやすく解説します。

f:id:career_support8:20210806120353j:plain

結論・・・

就職エージェントは利用スべきです。

 

就職エージェントを使うべき人

①就活をするのが初めての人
②業界などが決まっていない人
③スケジュール管理が苦手
④内定を一つも持っていない人

 

実は僕、就職エージェントをしている傍ら
アンチ就職エージェントでもあります。

 

そもそも就職エージェントとは・・・

就職エージェントとは専任のキャリアコンサルタント
就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービスです。


「就職相談」、「求人の紹介」、「ES添削」、
「面接の対策」、「内定後のフォロー」などなど


これらのサポートを無料で受けられます。


就職活動において、「自己分析がうまくできない」
「行きたい企業がわからない」という初期の段階での
悩みは尽きないと思います。


また、途中段階で「面接でうまく話せない」、
「ESがそもそも通過しない」、「内定後の動きが
わからない」といった就活の悩みは尽きません。


そのような時に面談を行い、悩みの解消に向けた
アドバイスなどを行ってくれるサービスです。

 


就職エージェントを使うべき人

①就活をするのが初めての人
②業界などが決まっていない人
③スケジュール管理が苦手
④内定を一つも持っていない人


就職エージェントは・・・

明確に行きたい企業がない限りは
すべての人に利用してもらいたいサービスです。

 

メリット

・無料でサービスを受けられる!
・求人を紹介してもらえる!
・1対1の面談を何度でも!
・ESの添削をしてもらえる
・面接対策、練習をしてもらえる
・不採用の場合、理由が知れる
・日程調整が楽になる
・内定獲得までのコストを削減
・あなたにあった企業の紹介
・非公開求人の紹介

「相談」から始まる就活支援サービス
【キャリセン就活エージェント】

 

とは言え、僕は冒頭でアンチ就職エージェント
お伝えしました。

なぜ、僕がアンチなのか?
そしてそのネガティブ要素を切り抜けるための
方法も合わせてお伝えします。

アンチ就職エージェントの理由・・・

・大手の求人は少ない
・求人の連絡などが頻繁
・受かった時に断りづらい

などがあげられますが、実は
もっと深刻な問題があります。

 

就活生はすべてのサービスを無料で受けられる
一方で人材会社にお金を支払っている人たちがいます。

それがあなたの内定先の企業です。

エージェントサービスの構造

f:id:career_support8:20210806133847j:plain

あなたが就職エージェントの方から企業Aを
紹介されたとしましょう。

そしてその会社から内定を貰い入社した時に
企業Aからあなたを紹介した人材会社に
報酬が支払われています。

こうしたビジネスモデルである時に
起こりうるのが、報酬額の違いに
よる損得の問題です。

企業Aと企業Bがあった時におおよそどちらも
あなたの条件にマッチしている。

しかし少し条件的には企業Aの方が良い。

でも、あなたが内定をもらった時に
人材会社に支払われる報酬額は
企業Bの方が多い時人材会社は

多少条件の良い企業Aよりも
企業Bを進めてくることがあります。


この時にあなたが損をしてしまう
可能性があるということです。

 

これが僕がアンチ就職エージェントの理由です。

 

それでも僕は就職エージェントサービスを
利用することをおすすめします!

なぜなら紹介された企業から内定を貰っても
その会社に就職する必要がないから。


そしてリスクヘッジのためです!

 

こと就職活動において最大のリスクとは
次の就職先が全くない状態のことだと思います。

最大のリスクを避けるためにエージェントを使って
1つ内定を獲得しておくことをおすすめしています。

その中であなたの軸にマッチしているので
あれば紹介企業に就職することも
大いに正解であると思っています。


やまげん