【就活生向け】自己分析の目的と方法

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

本記事では、『就職活動における
自己分析の目的とその方法』について解説します。

もちろん僕も就職活動をしていますが、
自己分析はマジで大切だと思っています。

満足の行く内定を得るために自己分析を
することはもちろんですが、質の高い
正しい自己分析をすることを意識しましょう。

 

自己分析の目的ってなに?

先輩に「自己分析をやっておいた方がいい」
と言われたからするのではなく、

なぜ自己分析をするのか、
自己分析をすることでなにに役立つのか

まずは明確にしておきましょう!

目的は2つあります‼


「就活の軸を明確にするため」と
「あなたの事をわかりやすく伝えるため」です。

もっと細分化して言うと、就職活動で必要な
ES、自己PR、志望動機、面接に活かすためです。

自己分析によってあなたの強み、弱み、価値観、
考え方
を知ることであなたの価値観にあった
企業を選ぶこと
ができ、あなたが力を発揮し
やすい企業に入社しやすくなる。

またマッチした企業にあなたの思いや強みを
わかりやすく根拠を持って伝えられ、内定を
獲得しやすくなるが自己分析の本質です。

 

Q&A
Q.自己分析っていつやればいいの?
A.僕が思うには日々更新していく必要があると思っ
ています。価値感が日々変わっていくからです。
過去の自己分析は業界を選ぶ前の段階でやりましょう。

 

ベネッセのオファー型就活サービス【dodaキャンパス】

 

自己分析のやり方

ここからは自己分析の具体的な方法をご紹介します。

実際自己分析には様々な方法がありますが、
面倒臭がりな僕がやっていた方法です。



①適性検査を受ける

 適性検査では、WEB上でいくつかの質問に
答えることで、性格や人間性、考え方などを
分析して貰えるツールのこと。

あなたのパーソナリティーを把握するのに役立ちます。

簡単に出来るので、とてもおすすめです。
 

適性検査はこちら

 

会員登録をして、所要時間10分程度で終わります。


10分で自己分析が終わります!

②強みを抽出する

適性検査を受けるとあなたの価値観や
強みがわかると思います。

f:id:career_support8:20210724185145j:plain

自己分析



例えば、上記は僕の適性検査の結果ですが
「積極性」「根性がある」「自己主張ができる」
3つの長所が現れました。

適性検査により長所がわかったらその長所に
関するエピソードを思い出し書き出していく。

あなたが積極的に取り組んだこと、
根性を発揮した出来事、自己主張をした出来事

恐らくすぐに見つかるのではないでしょうか?

3~5つ程強みを準備しておけば、基本的には
どの企業でも使える自己PRになります。

例えば、あなたが行きたい企業で求める人物像で
「積極性がある人」というのがあれば
それについて準備した自己PRを言えばいいですし、

他も然りです。

一旦ココまで出来たら戦える状態です。

ここまでできればまずは最小コストで
企業の選考に進むことが出来ます。

ここからさらに自己分析をしていくことで
内定の確率が上がっていくという算段です。


というよりも、自己分析ツールで適性検査を受けて
強みをピックアップ出来たらすぐに選考に進んで下さい。

ずっと自己分析ばかりしてしまって
目的がわからなくなってしまう人がいるので
行動に移すことが重要です‼

ここからは説明会に参加したり、
選考を受け面接をする中で自己分析を深めます。

自己分析応用編

・自分史
マインドマップ
ジョハリの窓
・will・can・must法
・モチベーショングラフ

上記のようなものがあります。

今後それぞれについての
記事を更新予定です。

 
やまげん