【新卒就活】内定までの道のりを解説する

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

本記事では新卒の就活において
内定を貰うまでの道のりを解説します!

・有名な大企業に就職したい
・給与の高い企業に就職したい
ワークライフバランスのとれた会社が良い

就職活動を行う上でそれぞれ様々な目標などが
あるかとは思いますが、目標とする会社に

入社するためにはそのための道のりがあります。

就活では「内定を貰う」ことを目的に活動します。
しかし「内定」を貰うためにはどうすればよいのか、

どういう状態を「内定」と定義されるのか

就職活動の全体像を解説します


全体像や目的を曖昧にして進めてしまうと
どうしてもモチベーションが保てなく
なってしまうので本記事の内容を抑えてきましょう。

内定とは?

f:id:career_support8:20210723161940j:plain

内定

 内定とは、採用の約束です。

最終選考を終え、企業から「内定通知書」を渡され、
それについて「承諾する」ことで内定が成立します。

「内定通知書」の主旨は「次の4月1日から
働いてね」というもので、「承諾する」ことは
「はい」と返事を出すことに当たります。

 実際には内定は10月1日まで出せないことになって
いるので9月以前にこういった連絡を貰う場合は
内々定と呼び、「10月1日に内定を出す約束」
を交わすものなのです。

事実上、内々定と内定は同じく「次の4月1日から働く」
ことを約束するものなので同じと考えて良いでしょう。

 「内定」は法的には雇用契約の予約」にあたり、
正式な契約です。口約束でも契約は成立しますが、

大抵の場合、10月1日に内定式を行い、その場で
内定承諾書に
サインして内定が決まります。


つまるところ、内定式に呼ばれて、内定承諾書に
サインすることで就活が正式に終了すると言えます。

内定通知書にも記載がありますが、
「犯罪を犯した」「卒業できなくなった」
「学歴を偽っていた」などがない限り

内定取り消しは行われません。

内定までの道のり

前置きが少し長くなりましたね、

ここから内定までの道のりを解説します。

 内定を貰うためには、企業の入社試験を受験して、
最終選考まで生き残り、会社の取締役との面接で
OKを貰うことが必要です。

最終的に取締役のOKが出て初めて、

内定が貰えるのです。

その入社試験を受けるためには
あなたがその企業に対して入社したいという
意思表示をする必要がありますよね。

つまりエントリーをする必要があります。

そしてエントリーするためには
企業の説明会に参加をする必要があります。

 

内定を貰うためには・・・

Ⅰ.説明会に参加する
Ⅱ.エントリーする
Ⅲ.入社試験を受験する
Ⅳ.内々定を貰う
Ⅴ.内々定を承諾する
Ⅵ.内定

内定までのスケジュール

・大学3年の6-9月:サマーインターンシップに参加
・大学4年の3月~:就職活動解禁
・大学4年の6月~:採用活動解禁(面接が始まる)
・大学4年の10月:内定式で内定承諾書にサインすること
内々定」が「内定」に切り替わる
・翌年の4月:大学を卒業し就業


近年ではオリンピック後や新型コロナの影響を受けて
就活生の動き出しやそれに伴う採用活動の早期化が
強まりを見せています。

就活解禁、採用解禁があるのは事実ですが、
早めの動き出しがあることもまた事実です。

就職活動は決められた数の席を奪い合う椅子取りゲーム
早く動き始める程優位に進めることが出来ます。

嫌な就職活動から目を背け初動に遅れを取れば
さらに難しい条件で就職活動をすることになります。

筆者も就職活動における様々なサポートを
行わせて頂いているのでお気軽にご連絡下さい。

 

career-support8.hatenablog.jp