【業界研究編】金融業界について解説する

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

 

本記事では、金融業界について
解説したいと思います。

 

f:id:career_support8:20210817000233p:plain

金融業界とは・・・

金融とは、「お金を持っている人が、お金が必要な
人に
対して融通する」という意味を表す言葉です。

そして、金融業界とは、事業として金融を行う、
金融機関や
企業などが属する業界のことを指します。

金融業界には銀行、証券会社、保険会社などが属していて
そのビジネスモデルやサービス内容についてみてみましょう。

銀行のビジネスモデルとサービス内容

【ビジネスモデル】
顧客から預かったお金を、個人や法人に
利息をつけて貸し出すことで
利益を上げて
いるのが、銀行のビジネスモデルです。


【サービス内容】
銀行は、対象とするターゲットやエリア、
規模、仕事内容などによってメガバンク
地方銀行」「信託銀行」「信用金庫」
の4つに分類できる。

メガバンク
巨大な収益規模や資産を有する銀行・銀行
グループのことで、大企業に多額の融資を行うこともある。

地方銀行
地域に根差した金融活動を行う銀行のことです。
地方銀行は、主に本店が所在する地域の有力企業
や中小企業などを対象に、融資を行う。

「信用金庫」
中小企業・個人の会員からお金を集めて、
集めた資金などをもとに、会員や会員以外
の顧客に融資を行う。

「信託銀行」
現金や不動産、証券といった顧客の財産を
「信託」という形で引き受け、管理・運用を行う。

証券会社のビジネスモデルとサービス内容

【ビジネスモデル】
証券会社の主なビジネスモデルは、投資家が
株式や投資信託といった
金融商品を購入する
際の仲介を行うことで仲介手数料を得たり、

株式の運用を行うことで利益を上げたりする。

【サービス内容】

全国に店舗を持っている証券会社と、
オンラインでの取引仲介を行うネット証券の
2種類があります。近年は、店舗のある証券会社
持っているオンラインで取引ができるサービス
に注力している。

 

保険会社のビジネスモデルとサービス内容

【ビジネスモデル】
保険や、加入者から集めた資金を元に、加入者が
病気や怪我などの被害に遭った際に保険金を支払う
という制度です。加入者が支払う保険料と、その運用益で
利益を上げるのが、保険会社の主なビジネスモデルです。

【サービス内容】
被保険者の生死に関するリスクに備える
「生命保険」を取り扱う
生命保険会社と、
物品の損害リスクに備える「損害保険」
を取り扱う
損害保険会社の2種類に分けられる。

なお、医療保険がん保険など、生命保険会社と
損害保険会社、両方が取り扱う保険商品もある。

金融業界の将来性・・・

 金融業界はオワコンなんて言われていますが、
言葉に踊らされずにしっかりと中身をみておく
必要はあるかと思います。

金融業界では現在、AIを利用した業務のオート
メーション化が進められています。これまでは
人力で行っていた仕事についても今後、どんどん
機械化が進むことは決定的です。

また、金融業界では、海外進出も進んでいます。
例えば、大手保険会社は、少子高齢化により契約数が
減少するリスクに備えて、海外の現地保険会社との
業務提携やM&Aなどを通じた海外事業基盤の
拡大を進めています。

新たなビジネスチャンスがあるのは
確かですが、かつてのような銀行の
恩恵を受けられなくなりつつあるのは
事実で慎重な判断が必要であると思います。

金融業界の今後の見通し・・・

 ①90%以上が10年以内に消滅すると
予想されている。

②事務や窓口は縮小する恐れがある

③テクノロジー分野は拡大する見込み


やまげん

 

マジで熱い‼インターネット業界

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです!

 

本記事ではインターネット業界について
わかりやすくお伝えしたいと思います。


またWEB業界とインターネット業界は同義
なので本記事ではインターネット業界と
述べていますが、WEB業界業界のことも
言っていると判断していただいて構いません。

僕自身就職する業界でもありますし、
マジでおすすめしている業界です。

 

明確に業界や企業が定まっていないと
言うのであればみんなに行って欲しいと
思っているほどです。

 

いつもより文章に熱が籠もって
いるかもしれませんがその辺は
お察しください。

f:id:career_support8:20210810215923p:plain

 

インターネット業界とは・・・

WEB・インターネット業界とは、「インターネットを
介して世の中が便利になるサービスを提供し、
対価を貰う」
というビジネスを行う業界になります。

小難しくいいましたが、現代に生きている人々の
ほとんどが毎日何かしらのWEBを介したサービスを
利用しています。

現時点でこの記事を読んでいるあなたも
それを利用しています。

例えば・・・

WEBブラウザから気になる物事を検索して調べる
SNSアプリを使って友人グループでチャットする
・Webサイトから洋服を購入する
・動画配信サービスに登録し、映画を見る
・フリマアプリで不用品を売る

 
このような感じで見に覚えのあること、
毎日触れているもののサービスを展開している
のがインターネット業界です。

ビジネスモデル

BtoB→インターネット広告やネットワーク構築
BtoC→Webサイト・アプリケーション・SNS
制作や運営

インターネット業界の将来性

f:id:career_support8:20210810225947p:plain

これほどまでに綺麗に成長曲線を描いている
業界はほとんどありません。

このように伸びている業界にはお金と
優秀な人材があつまりさらに発展していくことが
予想されます。

またお金、人材があつまるため、
あなた自身がこの業界にいることで

他では経験できなほどの数多くの
チャンスがあるでしょう。

ここ数年では、メーカーなどでEC(eコマース)と
呼ばれるインターネット通販サービスやデジタル
マーケティングの推進、取引データのオンライン化

などが進んでおり、コロナ禍でさらに
その動きを加速させています。

2020年代では動画コンテンツの増加や新しい技術を
取り入れたWebサービスの誕生も期待されていて、

まだまだこれからも伸びしろが大きい
業界であるといえるでしょう。

インターネット業界の課題

・働き手の不足
・労働時間は長め
・競争の激化

インターネット業界は慢性的な人手不足に
陥ることは決まっています。

市場規模は拡大を続けており、採用も今後長期的に
伸びていく可能性が高いと言えます。

メーカー企業などがDX(デジタルトランスフォー
メーション)を
背景に、Web経由の販路開拓や、
Webサービスの開始、
デジタルマーケティング
取り組む流れが止まることはないでしょう。


そんな業界であるため、人手は不足しさらに
労働時間は長くなることが多いです。

インターネット業界の魅力

~〇〇な人に向いています~

インターネット業界の魅力として

1.20代で活躍している人が多い
2.業界全体が成長を続けている
3.グロール展開が容易である
4.日々情報が更新される
5.チャンスが多い
6.個人にあった働き方ができる
7.転職を経て大幅に年収アップが狙える

日々情報が更新されていく業界であるため、
常にその変化について行くように学び続ける
必要があります。その分学び続けることを
楽しめる人には大いにチャンスがあります。

若い頃からバリバリ働いて活躍したい、
0からビジネスを立ち上げたい、グローバルな
ビジネスに携わりたいといった心意気の
ある方には最高な業界でしょう。


反対に安定志向の方や福利厚生を
大切にされる方には向いていいないかもしれません。

やまげん

【結論:エージェントは使おう】就職エージェントおすすめの人は〇〇な人

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

本記事では就職エージェントを使うべき人・
使うべきでない人
ついてわかりやすく解説します。

f:id:career_support8:20210806120353j:plain

結論・・・

就職エージェントは利用スべきです。

 

就職エージェントを使うべき人

①就活をするのが初めての人
②業界などが決まっていない人
③スケジュール管理が苦手
④内定を一つも持っていない人

 

実は僕、就職エージェントをしている傍ら
アンチ就職エージェントでもあります。

 

そもそも就職エージェントとは・・・

就職エージェントとは専任のキャリアコンサルタント
就職活動の始めから終わりまでを支援してくれるサービスです。


「就職相談」、「求人の紹介」、「ES添削」、
「面接の対策」、「内定後のフォロー」などなど


これらのサポートを無料で受けられます。


就職活動において、「自己分析がうまくできない」
「行きたい企業がわからない」という初期の段階での
悩みは尽きないと思います。


また、途中段階で「面接でうまく話せない」、
「ESがそもそも通過しない」、「内定後の動きが
わからない」といった就活の悩みは尽きません。


そのような時に面談を行い、悩みの解消に向けた
アドバイスなどを行ってくれるサービスです。

 


就職エージェントを使うべき人

①就活をするのが初めての人
②業界などが決まっていない人
③スケジュール管理が苦手
④内定を一つも持っていない人


就職エージェントは・・・

明確に行きたい企業がない限りは
すべての人に利用してもらいたいサービスです。

 

メリット

・無料でサービスを受けられる!
・求人を紹介してもらえる!
・1対1の面談を何度でも!
・ESの添削をしてもらえる
・面接対策、練習をしてもらえる
・不採用の場合、理由が知れる
・日程調整が楽になる
・内定獲得までのコストを削減
・あなたにあった企業の紹介
・非公開求人の紹介

「相談」から始まる就活支援サービス
【キャリセン就活エージェント】

 

とは言え、僕は冒頭でアンチ就職エージェント
お伝えしました。

なぜ、僕がアンチなのか?
そしてそのネガティブ要素を切り抜けるための
方法も合わせてお伝えします。

アンチ就職エージェントの理由・・・

・大手の求人は少ない
・求人の連絡などが頻繁
・受かった時に断りづらい

などがあげられますが、実は
もっと深刻な問題があります。

 

就活生はすべてのサービスを無料で受けられる
一方で人材会社にお金を支払っている人たちがいます。

それがあなたの内定先の企業です。

エージェントサービスの構造

f:id:career_support8:20210806133847j:plain

あなたが就職エージェントの方から企業Aを
紹介されたとしましょう。

そしてその会社から内定を貰い入社した時に
企業Aからあなたを紹介した人材会社に
報酬が支払われています。

こうしたビジネスモデルである時に
起こりうるのが、報酬額の違いに
よる損得の問題です。

企業Aと企業Bがあった時におおよそどちらも
あなたの条件にマッチしている。

しかし少し条件的には企業Aの方が良い。

でも、あなたが内定をもらった時に
人材会社に支払われる報酬額は
企業Bの方が多い時人材会社は

多少条件の良い企業Aよりも
企業Bを進めてくることがあります。


この時にあなたが損をしてしまう
可能性があるということです。

 

これが僕がアンチ就職エージェントの理由です。

 

それでも僕は就職エージェントサービスを
利用することをおすすめします!

なぜなら紹介された企業から内定を貰っても
その会社に就職する必要がないから。


そしてリスクヘッジのためです!

 

こと就職活動において最大のリスクとは
次の就職先が全くない状態のことだと思います。

最大のリスクを避けるためにエージェントを使って
1つ内定を獲得しておくことをおすすめしています。

その中であなたの軸にマッチしているので
あれば紹介企業に就職することも
大いに正解であると思っています。


やまげん

【既卒・第二新卒】就職・転職は『就職shop』

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです!

 

本記事では、リクルートが運営する
フリーター、既卒第二新卒に強い就職支援
【就職shop】についてご紹介します。

 

f:id:career_support8:20210806005809j:plain

就職shopとは・・・

リクルートが運営する既卒・フリーター向けの
就職相談(求人紹介)サービスです。

就職相談を受け、求人を紹介するサービスです。
求人掲載がメインの『リクナビ』とは異なります。

実績と経験のある人物が望ましい『エージェント』
に対し、『就職shop』では経験の少ない20代を
幅広く歓迎しています。


社会人未経験でも大丈夫‼

 

 若手の就職支援【就職shop】


こんな方でも大丈夫です!

 
・海外留学から帰ってきたが日本の就活シーズン
が終わってしまっていた。

・高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが
学歴がネックで面接が受けられない。

・事務の派遣で3年過ごしたが、改めて
営業の正社員に転身を図りたい。

・大学を中退してしまい進路に困っている。


通常の人材紹介では難しい
若手の就職支援を得意としています。

 
就職shopの特徴・・・

①書類選考なし

履歴書で落とされることはありません!


学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する
企業が集まっています。

 

②企業は100%取材

人柄、理念へのマッチングを重視している為、
担当者が企業のこと、仕事内容を直接丁寧に取材。

職場の雰囲気や具体的な働き方など、実際に働く
風景が想像できるような情報を集めています。

 

③幅広い職種での求人

一般的に若手で採用されやすい営業だけでなく、
事務や企画、技術系の職種での募集も多数あります。

(営業職の求人は全体の4割)

『就職shop』ならではのベストマッチを提供できます。

④働きやすい、やりがいのある企業への就職

採用意欲のある企業は業績が安定している企業であり、
そのような企業に人柄・将来性で選んで貰えることは
就業後の”居心地の良さ”に直結します。

 

⑤4人に3人は正社員未経験

それぞれに事情を抱えた人に多数ご相談頂いています。
その殆どは社会人としての経験もない方で、そういった
方とのやり取りに実績があります。

未経験でもご心配は不要です‼

 



フリーター、ニート、大学中退、既卒
高卒、第二新卒、社会人経験無し

様々な方にご利用いただいています。

学歴やキャリアにコンプレックスを持っている
方、社会人未経験の方そんな方に寄り添った
実績のあるサービスとなっております。


リクルートのエージェントが
あなたとお話をした上で条件に見合った
求人をご紹介させていただきます。

 

\ リクルートが運営する既卒・フリーター
・第二新卒向けの就職相談はこちら /

 

やまげん

【 登録必須 】就活支援サービスdodaキャンパス

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

 

本記事では就活生なら登録しておきたい
就活支援サービスをご紹介します!

登録はもちろん、すべてのサービスを
受ける際も一切に料金かかりませんので
下記からご登録をどうぞ!

ベネッセのオファー型就活サービス【dodaキャンパス】


私も就職活動を行っている際に
利用していたサービスでいままさに
就職活動に取り組んでいる学生さんにも

知っていただきたいと思い
サービスの内容や使いこなすために
どうするべきか述べていきます。

 

dodaキャンパスとは・・・ 

株式会社ベネッセiが運営している
オファー型の就活支援サービスです。

ベネッセは幼児教育から高校受験の
際などにもお世話になっている方は
多いかと思います。

dodaキャンパス』は就活生が
プロフィールを入力しておくだけで、

企業の採用担当者から早期インターン
特別な採用オファーが届く、逆求人&
オファー型就活支援サービスです。

プロフィールに必要な情報を入力しておくだけで
その内容に興味を持ってくれた採用担当者から
オファーが届くようになっています。

例えば・・・

✔自分に合った仕事ってなんだろう?
✔企業が多すぎて選び方がわからない
✔これといってやりたいことがない
✔どんな会社がマッチするの?
✔効率よく就活を進めたい


などなど感じている学生の方には
是非登録しておくことをおすすめします。

あなたのプロフィールをみてマッチしそうだな
と思った上で企業はあなたにオファーを出します

そのため、全く希望に沿わない、マッチしないような
企業からオファーが来ることはないので、

効率よくオファーを受け取ることができます。

 

32万人の学生が登録済み‼

dodaキャンパス は多くの学生から
利用されているサービスです。

21~24卒の登録学生は32万人に登ります。

登録企業数も6,200社を超え、
大手企業から業界をけん引する優良企業まで
多くの企業もまた利用しています。

ベネッセならではの強みとして、オンライン
キャリアイベント「dodaキャンパスゼミ」を通して、

就活のテクニックから、これからのキャリアを考える
うえでの成長支援サービスが無料で受けられます。

 

サービスの特徴

・ベネッセが運営するからこその、無料のキャリア
イベントや時期に応じた添削サービスなど、成長支援
サポートが充実しています。

・これまでの経験をプロフィールに書くことで、
自己理解が深まるキャリアノートによって、
あなたの魅力が企業に伝わり、あなたにあった
オファーが届くようになります。

・オファーの受信率は98%。企業は1通ずつしかオファー
送信できない仕組みでも、プロフィールをしっかり
書き込むことで多くの学生にオファーが届きます。

・オファーは1通ずつしか出せないので、一斉送信
をして釣るなどの悪質なこともありません。

 

 

こんな学生は【dodaキャンパス】を
利用しましょう・・・

✔自分に合った仕事ってなんだろう?
✔企業が多すぎて選び方がわからない
✔これといってやりたいことがない
✔どんな会社がマッチするの?
✔効率よく就活を進めたい

 

やまげん

サマーインターンの参加方法・種類・メリット

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

本記事では『サマーインターンの参加方法・
種類・メリット』についてお伝えします。

実は筆者はサマーインターンには参加しておらず、
就職活動を終えたいま、後悔しています。


【dodaキャンパス】でインターン先を探す


就職活動を終えた私の視点から
参加すべきであるサマーインターン
参加方法から種類、参加することのメリットまで
を網羅的にお伝えします。

インターンシップとは

インターンシップとは・・・

インターンと略されることもありますが、
要は就業体験のことです。

日本では大学3年生の6月頃から大手の
インターンシップが開始され、

秋、冬にかけて行われます。

マイナビ2022年卒大学生 インターンシップ・就業活動
準備実態調査(2020/10)」によれば、

2020年10月地点でインターンシップに参加したことの
ある学生の割合は79.8%に昇ったことがわかりました。

平均参加社数は4.5社でした。

新型コロナウイルス東京五輪開催後
が相まって景気が悪く、就活生の意識
動き出しは高まっています。

サマーインターンの種類

インターンシップには大きく3つの種類があります。


1.会社説明・セミナー型(1日、短期)
2.プロジェクト型(短期~中期)
3.就業型(長期)


1.会社説明・セミナー型(1日、短期)

f:id:career_support8:20210729140446p:plain

会社説明・セミナー型インターンは、大手企業が
主催している「1dayインターンシップが代表的です。

ESやWEBテストを通過した人のみが参加できる
「選考型」や早い者勝ちの「先着型」、誰でも

参加可能な「自由参加型」などがあります。

先着型では人気企業の場合、解禁後30分で
満席になることもあるため行きたい企業は
予め準備をしておきましょう。

また、「1dayに参加していなければ、

プロジェクト型に参加できない」などの条件を

設けている場合もあるので注意が必要となります。

2.プロジェクト型(短期~中期)

f:id:career_support8:20210729143305j:plain

プロジェクト型ではインターン先から出題される
課題に取り組みます。

例えば、「新規事業の提案、商品Aを売り出すための
具体的な施策を考える」などの課題が与えられ、

数人のグループを作り、皆でディスカッションする
グループワーク形式のものが多くあります。

初対面の人と短い期間で難しい課題に
取り組むのは大変ですが、グループワークは
他の学生の良い点や考え方を参考にできる
機会となります。


3.就業型(長期)

f:id:career_support8:20210729145119j:plain

インターンシップと言うと多くの人が
イメージするのがこの就業型かもしれません。

長期で行われる就業型のインターンシップ

ほとんどは、ベンチャー企業によって開かれて

いる場合が多いです。

「その会社の一員として働く」

考えるのが良いでしょう。

就業型の最大の特徴は「有給」であるということ。

実際に業務経験を積めるだけでなく、
お給料をもううことができます。

就業型のインターンシップは特に
大学1~2年生が歓迎されます。

長期のインターンシップに参加する中で
内定を貰うような学生もいるため

メリットが多いですね。

 

インターンシップ参加のメリット

上記でも少しずつ触れてきていますが、
インターンシップに参加することの

メリットをまとめます。


多様な価値観を取得

学生がインターンシップに参加するということは
初めて社会に足を踏み入れるということにもなります。

企業だけでなく初対面の学生も多くいます。

社会に触れること、初対面の学生に出会うことで
多様な価値観に触れることができ、自身の
考えを改める機会にもなります。

あなたはどんな人間でどんな価値観を持っているのか
改めて考えることで将来のビジョンを考えるのにも
役に立ちます。


ミスマッチを防げる

就職する上で最も避けたいのが
企業とのミスマッチ。

働く環境、考え方、価値観にミスマッチが
起こるとどうしてもやりづらいもの。

いざ入社してから価値観が合わないことに
気づいても手遅れとなります。

インターンを通じて社内の雰囲気を感じる
ことにより入社してからこんなはずじゃ
なかったということを避けられます。

企業・業界研究ができる

日本だけでも400万社以上の会社があります。

その中には多種多様な業界・業種があり
企業があります。それぞれ特徴を持っています。

その中にあなたの価値観やビジョンにあった
業界・業種・企業を選んでいくわけですが、

その数は膨大で1人で調べるにも限界があります。

インターンに参加することで実際に現場で
働く人達の声を聞くことができたり、
雰囲気を感じ取ることができ、

どんな業界が向いているのか、どんな企業が
あっているのか判断する材料になります。

スキルアップできる

特に長期型のインターンシップで身につけられる
ものですが、実際に現場と同じ様な仕事を任せて

もらえるので現場で使えるスキルを
身につけることができます。

選考時に優遇

大手企業や人気企業の場合、インターンでの

評価が高いと、選考が有利になる場合があります。

 

ESや面接時に志望動機を伝える際にもより

具体的に原体験を持って話すことができる

ため説得力のある話ができます。

内定獲得

内定を出される可能性があります。
たまに大学1,2年生の段階でインターン先から
内定が出ているような学生もいます。

企業がインターンを開催するのは、
優秀な人材の確保が理由の一つのため

他社に優秀な人材を取られないよう
インターン内々定を出すケースも
0ではありません。

 

インターンシップ参加方法

job.rikunabi.com

job.mynavi.jp

 

リクナビ23やマイナビ23に登録して
インターンシップを開催している
企業を探しましょう‼

就活で最も大切なことについて話します

どうも!ドリームプロデューサーのやまげんです。

就職活動で最も大切なことを話します。

内定を取ることではありません。


自己分析や企業研究、自己PR作成
志望動機作成などなどやることは山積み

そんな中でも就職活動において


もっとも大切なことは・・・

 

成長市場、成長企業に入ること

 

f:id:career_support8:20210725194127p:plain

上記の画像はデジタルカメラの総出荷台数の推移、
デジタルカメラの市場の推移です。

スマートフォンの普及によりデジタルカメラ
保持する人の数は減少し市場も衰退しています。

f:id:career_support8:20210725194519p:plain

 一方でこちらの画像はインターネット業界の
過去11年間の業界規模の推移です。

インターネット業界とはインターネットを利用した
ビジネスを展開する業界を指し言います。

ホームページ制作・運営、ネットワーク構築
WEB広告、SNSソーシャルゲームポータルサイト
オンラインショッピングなど

インターネット業界についてはこのくらいに
しておいてこんな感じで当然ながら

伸びている業界、衰退していく業界
というものが存在しています。

\ 業界動向はこちら /


僕が思うに、こと新卒の就職では伸びている
業界、市場、企業に入社することが最も
大切であると考えています。

努力が適切に評価されるためです。

 

努力が成果に結びつきやすいからです。

例えばですが、今の時代携帯電話が普及していて
公衆電話を発明しても誰も使わないじゃないですか?

確かに公衆電話を作ってしまう技術とかは
凄いんだけど、その能力は時代と合っていないので
認められづらいんですね。

認めらづらいということは報酬も
貰えないんです。

お金が稼げないんです。

業績の悪い会社で大きな成果、画期的な
成果を上げても給与は上がりにくいんです。

市場が縮小している、衰退しているところで
努力するって非常にコスパが悪いんです。

一方で市場が伸びている、業界が伸びている、
成長している企業に入り適切にある一定の
結果を残すことができるのであれば
大きな報酬を手にすることが出来るんですね。

お金だけではなく、地位や名を
広めることだって可能です。

「お金、お金」と連呼して
銭ゲバなんて思われそうですが、

でもやっぱり認められるとか、
お金を稼げるって大切なことなんです。

自分の家を建てたいし、
身近な人を幸せにしたいし
自分の子供からお金の問題で
挑戦機会を奪いたくないじゃないですか?


これは僕の持論で一つの考え方ではあります。

多様な考え方があり市場は縮小しているけれど
その業界でなければならない理由がある人がいて

なにかのために違う業界を選ぶ人もいると思います。

僕の考えが一つのヒントになれば
幸いに思います。

やまげん